ベイザーの魅力

美容外科で脂肪吸引の手術を受けるのならベイザー超音波脂肪吸引がいいという人たちがとても多いです。ベイザー超音波脂肪吸引はとても画期的な脂肪吸引の手術として知られていますが、まず大事なのはベイザー超音波脂肪吸引により知識を高めることです。

ベイザー超音波脂肪吸引と他の脂肪吸引は何が一体違っているのでしょうか。脂肪を吸引しやすい状態にしてから脂肪吸引ができる方法が美容外科で行われているベイザー超音波脂肪吸引です。脂肪細胞をとかすためにベイザー波という超音波の高周波振動を利用します。

脂肪細胞をやわらかくすることが出来、だから簡単に脂肪吸引を行うことが出来、痛みや腫れなども少ない方法であり、ダウンタイムを軽くすることが出来ます。

ベイザー超音波脂肪吸引なら、皮膚のすぐ下にある脂肪、固くなってしまった脂肪なども簡単に吸引することが出来、9割の脂肪は吸引OKとも言われています。

更に肌の引き締まり効果を期待することが出来、たるみが出にくい方法なのです。他にもいろいろな脂肪吸引の手術が美容外科で行われている訳ですが、特に多くの人たちがベイザー超音波脂肪吸引に注目をしている大きな理由は、やっぱり痛みやダウンタイムではないでしょうか。そしてもちろんその効果です。

 

ベイザー脂肪吸引

多くの人たちが今、美容外科で注目している手術の方法といえばベイザー波(超音波脂肪吸引)ではないでしょうか。美容外科ではベイザー波によって、皮下脂肪を液体状に溶かし、脂肪を吸引しやすい状態にします。

ベイザー超音波脂肪吸引には、出血が少なく、ダウンタイムが短いというメリットが期待でき、周りの組織に影響を与えないメリットがあります。脂肪吸引の方法によっては部位によっては施術を不可能というケースもありますが、ベイザー超音波脂肪吸引にはほとんどそのようなケースもないと言われています。

そして手術の時間が短いというのもメリットとして捉えることが出来ます。ベイザー超音波脂肪吸引は更に、皮膚のたるみが生じにくいというメリットがあり、多くの人たちから大いに関心をもたれている方法のひとつなのです。

更に脂肪吸引の方法にはCrissCross法があります。CrissCross法は、目立たない部分を数か所切開し、そこにカニューレを挿入します。カニューレを通すための切開なので、切開すると言っても約3~5mm程度です。

いかがでしょうか。美容外科の脂肪吸引の方法には実際にそれぞれメリットとデメリットも存在するようです。あなたに一番適した脂肪吸引の方法を選択するようにしましょう。≪参照リンク→SBC大阪心斎橋院_ベイザー脂肪吸引施術

脂肪吸引の手術

美容外科で脂肪吸引をするとき、脂肪吸引の方法にはいろいろな種類があります。今、多くの人たちがベイザー超音波脂肪吸引に注目をしているのかもしれませんが、他にもシリンジ法などがあります。

シリンジ法とは、ポンプなどの吸引機器を使用しない手術の方法であり、手作業でチューリップシリンジという注射器を使用して行って行きます。医師の手で行う施術であるゆえ、希望するデザインを忠実に再現したいというのなら一番向いている方法として考えることが出来ます。シリンジ法には施術時の出血量が少ないというメリットがあります。

更に脂肪溶解レーザーという方法があります。 それは、脂肪溶解レーザーで脂肪を分解し吸引する手術です。より自然感を追求したいときにおすすめ出来る手術の方法です。直径1mmのカニューレを挿入しレーザー照射で脂肪吸引をします。脂肪の少ない部位におすすめ出来る方法です。

ボディジェット法とは、カニューレからジェット水流を噴射すし、脂肪を分離させる脂肪吸引の方法を採ります。脂肪細胞を一度血管や神経から離し吸引していくから、周囲にある組織を傷付けないメリットがあります。 内出血なども比較的ない方法であり、痛みや腫れも少なく、ダウンタイムも比較的短いメリットがあります。

 

美容外科で脂肪吸引

美容外科で脂肪吸引をしてもらうメリットってどこにあるのでしょうか。まだまだ、そのような施術は冒険と思っている人たちも多くいるのではないでしょうか。果たしてそのような施術を受けて自分自身が満足することが出来るかです。

まずは、脂肪の吸引に対しての知識が絶対に必要ということになります。ふつう体型の人がいます。現在の体脂肪率17~27%程度です。ふつう体型の人にもその施術はかなりいい効果を期待することが出来、もしも自分の身体によけいな脂肪がついていなかったらという理想的な細さにまでもっていくことが出来ます。

しかし、最終的完成度は脂肪がどのようについているかだけでなく、骨格によっても決まると言われていますので理想的体型は手術によって自由に作れるということではありません。

更に腹筋のもっと深い部分にある腹横筋(ふくおうきん)というものや、内腹斜筋(ないふくしゃきん)という、つまりインナーマッスルが発達しているかも関係します。

くびれをもっと強調させたいと思っている人たちや、更に下腹部のぽっこり感をもっとなくしたいというケースにおいて、インナーマッスルのトレーニングなど取り入れるとより高い効果を期待することが出来ます。

現在の体脂肪率30%以上という人たちに対して、そのような手術がいい効果を期待出来るのでしょうか。太っている人たちなら尚更いい効果を期待することが出来ます。手術前よりも確実に効果的というのが正しい言い方でしょう。更に続けます。