脂肪吸引の手術

美容外科で脂肪吸引をするとき、脂肪吸引の方法にはいろいろな種類があります。今、多くの人たちがベイザー超音波脂肪吸引に注目をしているのかもしれませんが、他にもシリンジ法などがあります。

シリンジ法とは、ポンプなどの吸引機器を使用しない手術の方法であり、手作業でチューリップシリンジという注射器を使用して行って行きます。医師の手で行う施術であるゆえ、希望するデザインを忠実に再現したいというのなら一番向いている方法として考えることが出来ます。シリンジ法には施術時の出血量が少ないというメリットがあります。

更に脂肪溶解レーザーという方法があります。 それは、脂肪溶解レーザーで脂肪を分解し吸引する手術です。より自然感を追求したいときにおすすめ出来る手術の方法です。直径1mmのカニューレを挿入しレーザー照射で脂肪吸引をします。脂肪の少ない部位におすすめ出来る方法です。

ボディジェット法とは、カニューレからジェット水流を噴射すし、脂肪を分離させる脂肪吸引の方法を採ります。脂肪細胞を一度血管や神経から離し吸引していくから、周囲にある組織を傷付けないメリットがあります。 内出血なども比較的ない方法であり、痛みや腫れも少なく、ダウンタイムも比較的短いメリットがあります。